「同族株主」の判定方法③は…?

取引相場のない株式の評価のステップ①は「同族株主の判定」、ステップ②は「同族株主がいる場合の判定」でした。

今回はステップ③「同族株主がいない場合の判定」について整理したいと思います。

同族株主がいない場合、当然として同族株主が株式を取得する可能性はありません。

しかし、例外的に次の場合は、同族株主が取得したものとみなされます。

①株式を取得者およびその同族関係者の保有する議決権割合が15%を超え、かつ株式を取得した車の議決権割合が5%を超える場合

②株式を取得した者およびその同族関係者の保有する議決権割合が15%を超え、かつ株式を取得した者の議決権割合が5%未満であっても、中心的な株主がいない場合、またはいる場合であっても、株式を取得した車が役員等に就任していない場合

関連記事

  1. 「路線価」がない土地はどう評価すればいいのか?
  2. 不動産管理会社を活用する場合の「管理料」はどう設定すればいいのか…
  3. アパートを建てると土地の評価額が下がるって聞いたけど本当?
  4. 「暦年課税」と「相続時精算課税」は何が違うのか?
  5. 「贈与」とは何ですか?
  6. 3つの不動産管理会社のパターンとは…?
  7. 一物四価とは何か…?
  8. 事業承継を検討し始めたら最優先に取り組むべきことは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP