「同族株主」の判定方法は…?

取引相場のない株式を評価するにあたって、最初の確認事項は、当該株式の取得者が「同族株主」か否かになります。

「同族株主」とは、それぞれの株主を「一人の株主とその同族関係者」で構成される同族関係者グループに区分し、以下のケースに当てはまる場合を言います。

その保有する株式の議決権割合が50%超➡そのグループ

保有する50%以下であっても30%以上➡それぞれのグループ

関連記事

  1. 相続時の「土地の評価」はどうすればいいのか?
  2. 不動産管理会社を活用した場合の長所と短所とは…?
  3. 事業承継を検討し始めたら最優先に取り組むべきことは?
  4. 「相続時精算課税」と「暦年課税」どちらが良いのか?
  5. 「贈与」とは何ですか?
  6. 「同族株主」の判定方法③は…?
  7. 一物四価とは何か…?
  8. 「認知症対策」には…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP