「実地棚卸」は難しい?

在庫管理を行う際、「実地棚卸」を行うのが理想です。

しかし、実地棚卸は、ある程度のスキルが必要です。

実地棚卸のポイントは、次の4点です。

①いつ棚卸をするのか?

②数える対象は明確か?

③棚卸の対象はどこにあるのか?

④どのように数えるのか?

この4つを明確にすることが重要です。

よってこれが明確でない場合、実務で仕組化することは、ハードルが高いと言えます。

そこで「実地棚卸」が難しい場合にお勧めしているのが「帳簿棚卸」です。

正しい業績を把握するためには、自社にあった「棚卸」のルールを設けることが必要不可欠です。棚卸方法でお困りの方は、是非弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. 棚卸資産の評価方法である「売価還元法」とは?
  2. 「定額減税」とは何ですか?
  3. 数ある節税策の中でも効果的なものは?
  4. 地主が不動産保有会社を設立するメリットとは…?
  5. 「給与」から「外注」に切り替えできないか?
  6. 現金が盗難にあった場合の処理は…?
  7. 機械や備品を保有することで税金は生じるのか?
  8. 固定資産台帳を眺めてみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP