「路線価」がない土地はどう評価すればいいのか?

路線価は、道路網の発達した市街地にある宅地を評価することを前提として定められています。

よってすべての地域に路線価があるわけではありません。

路線価がない地域は、「倍率評価」をします。

これは評価対象の土地の固定資産税評価額に「倍率」を乗じることで、土地の評価額を求める方法を言います。

倍率は、国税庁HPの「評価倍率表」から確認することが可能です。地域ごと、宅地・田・山林等の地目ごとに定められています。

関連記事

  1. 相続で「農地」を相続したのですが、どのように評価すればいいですか…
  2. 専門家への相談のススメ
  3. 「同族株主」の判定方法は…?
  4. アパートを建てると土地の評価額が下がるって聞いたけど本当?
  5. 相続対策では「アパート建築」を活用するのが効果的?
  6. 相続対策の三本柱は…?
  7. 「同族株主」の判定方法②は…?
  8. 地主が不動産保有会社を設立するメリットとは…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP