サブリース契約を結んだ貸家の敷地評価は…?

「サブリース契約」とは、賃貸用物件のオーナーから、住宅建築メーカー・不動産会社などが、その物件を一括借り上げした上で運営管理を引き受け、それを入居者へ転貸することで、賃料収入の一定割合を保証賃料としてオーナーに支払うシステムをいいます。

相続税のおいてサブリース契約を結んでいる建物の土地は、「貸家建付地」として評価します。

貸家建付地は、自用地よりも評価額を減額することが可能となります。

※賃貸割合を100%として計上可能。

関連記事

  1. 「認知症対策」には…
  2. 相続で「農地」を相続したのですが、どのように評価すればいいですか…
  3. アパートを建てると土地の評価額が下がるって聞いたけど本当?
  4. 相続対策として保険が有効?
  5. 不動産管理会社を活用する場合の「管理料」はどう設定すればいいのか…
  6. 孫への支援と贈与税について
  7. 相続対策の三本柱は…?
  8. 事業承継を検討し始めたら最優先に取り組むべきことは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP