三代で財産がなくなる…?

相続税は、所得税同様に超過累進税率を採用しています。

※最高適用税率=55%

よって、相続財産によっては、多額の納税が発生します。これが「三代で相続がなくなる」と言われる所以です。

そこで生前贈与や不動産の活用、さらには制目保険などを活用した相続対策が必要となります。

なお相続対策は、相続税法に留まらず各種税法や民法などの関連法令に注意しながら進めていくことが重要です。

相続対策を通じた資産管理や活用術、税務対策にお困りの方は、是非一度弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. 「暦年課税」と「相続時精算課税」は何が違うのか?
  2. 不動産管理会社を活用した場合の長所と短所とは…?
  3. 相続で「農地」を相続したのですが、どのように評価すればいいですか…
  4. 「路線価」がない土地はどう評価すればいいのか?
  5. 相続した非上場会社の株式評価はどうすればいいのか?
  6. 相続対策の三本柱は…?
  7. 「同族株主」の判定方法は…?
  8. 相続時の「土地の評価」はどうすればいいのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP