事業承継を検討し始めたら最優先に取り組むべきことは?

事業承継を検討し始めたら、最優先で取り組んでいただきたいことがあります。

それは「既存借入の代表者連帯保証を外してもらう」ことです。

現在、多くの事業所で後継者不足が進んでいます。仮に候補者がいたとして、代表者連帯保証が残ったままだと説得することは難しくなります。

経営者の連帯保証を外すポイントは次の3点になります。

 ①法人と個人の一体性を解消すること。

 ②財務基盤を強化する。

 ③財務状況の情報開示

その上で、後継者に実務だけでなく金融機関や取引先との関係性構築をしてもらうことも重要になります。

事業承継に備えたいという方や後継者にお悩みの方は、お気軽に弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. 「相続時精算課税」と「暦年課税」どちらが良いのか?
  2. 父親が多額の借金を残したまま亡くなった時は?
  3. 税務調査で、最も多い指摘事項とは…?
  4. 「同族株主」の判定方法は…?
  5. 不動産管理会社を活用した場合の長所と短所とは…?
  6. 現金が盗難にあった場合の処理は…?
  7. 「個人事業主」と「法人」どちらが有利なのか?(※親族に支払う給与…
  8. 決算賞与を支給すれば節税対策になるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP