個人事業主でも活用できる節税策は?

個人事業主でも活用できる節税策の1つに「経営セーフティ共済(=倒産防止共済制度)」があります。

これは、仮に取引先が倒産した場合、中所宇企業が連鎖踏査や経営難に陥ることを防ぐ趣旨でできた制度です。

取引先が倒産等した場合、無担保かつ無保証人で掛金の最大10倍(上限80,000,000円)まで借入が可能です。

また取引先が倒産等していない場合であっても、緊急に次号資金が必要な時は、解約手当金の95%を上限として一時貸付金といった形で資金ちょつあつすることも可能です。

※倒産防止共済に加入するためには、継続して1年以上事業を行っていることなどの要件があります。

個人事業主でも活用できる節税策がないかお探しの方は、是非一度弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. 地主が不動産保有会社を設立するメリットとは…?
  2. 生計を一にする息子に対する給与は、必要経費となるのか?
  3. 事業用の車両を購入した時の処理は?
  4. 固定資産台帳を眺めてみる
  5. 決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?
  6. 税務調査の現場での「棚卸資産」の指摘事項とは?
  7. 専門家への相談のススメ
  8. 「定額減税」とは何ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP