印紙税について最低限知っておきたい事項とは?

印紙税がかかる文書は、具体的には印紙税額一覧表に記載されています。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/inshi/pdf/zeigaku_ichiran_r0204.pdf

逆に言えば、この印紙税額一覧表に記載されていない文書には印紙を貼る必要はありません。

検討している文書について「印紙税額一覧表に記載されている事項が1つでも表現されているか?」という視点がポイントになります。

なおこの印紙税額一覧表には大きく20項目が掲載されていますが、その中でも一般的な実務で関係してくるのは、4項目です。

具体的には、

 ■1号文書…不動産の譲渡等の契約書

 ■2号文書…請負に関する契約書

 ■7号文書…継続的取引の基本となる契約書

 ■17号文書…金銭または有価証券の受取書

です。

まずは、この4つの文書については印紙が必要となるという点を認識しておくことが大切です。

関連記事

  1. 文書回答手続きについて
  2. 5月の税務関係の手続き
  3. 新規で取引する金融機関はどこに着目しているのか?
  4. 役員借入金のリスク
  5. 専門家への相談のススメ
  6. クラウド会計を導入するなら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP