「合同会社」の特徴は?

最近、新規会社設立のご相談を受ける機会がありました。その際、「株式会社」より「合同会社」の方が安く作ることが出来るって聞いたけど、この2つは何が違うの?という質問を頂きました。

今回は、「合同会社」について解説してきます。

①合同会社の特徴

株式会社と比較した場合の最大の特徴は、「出資と経営が一体であること」です。

株式会社の場合、「出資者(株主)と経営者(代表取締役)は会社機関として区分されている」のに対して、合同会社の場合は、「出資者=経営者」となります。このため、合同会社では意思決定の手続きが非常にシンプルと言えます。

なお合同会社は設立コストが非常に安い一方で、株式公開して上場することができない、経営者が代表取締役と名乗れない(※)等のデメリットがあります。

※合同会社の場合、代表社員と名乗ります。

②株式会社が合同会社かを決める判断基準

あくまでも参考ですが、下記判断基準が1つの目安になると考えます。

■とにかく設立コストを抑えたい場合は…

➡合同会社

■得意先に対する与信面で問題がない場合…

➡合同会社

■株式会社としか取引したがらない大企業との仕事も想定される場合は…

➡株式会社

関連記事

  1. 「青色申告」と「白色申告」の違いは何か?
  2. クラウド会計を導入するなら?
  3. 自己演出のポイントとは…?
  4. 自社の決算書の数値は良いのか悪いのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP