固定資産台帳を眺めてみる

建物や、機械、備品は固定資産台帳に記載されてます。

固定資産台帳を、普段眺める機会は少ないと思いますが、1月31日は償却資産税の申告期限です。

過去に売ったもの、廃棄したものなど、現状保有していないにも関わらず、固定資産台帳上、記載が残っているものもあります。

これらは固定資産除却損として損失計上も可能です。

是非、償却資産税の申告と併せて、自社の固定資産台帳を今一度、眺めて見てください。

関連記事

  1. なぜ儲かってそうに見えるあの経営者は複数の会社を経営しているのか…
  2. 「定額減税」とはどのような制度ですか?
  3. 決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?
  4. 税務調査の現場での「棚卸資産」の指摘事項とは?
  5. 税務調査で、最も多い指摘事項とは…?
  6. 機械や備品を保有することで税金は生じるのか?
  7. 棚卸資産の評価方法である「売価還元法」とは?
  8. 現金が盗難にあった場合の処理は…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP