地主が不動産保有会社を設立するメリットとは…?

先日、アパート経営をしている地主さんから、「業者から不動産保有会社の設立を打診されたが、実際のところメリットはあるのか?」という質問を頂きました。

今回は、会社設立のメリットについて整理したいと思います。

不動産保有会社を設立することで、地主は相続税対策や所得税対策としてのメリットがあります。

特に相続税対策としては、収入移転を図ることで、個人財産の蓄積を防ぐことも可能となります。

一方で、法人設立に伴うコスト、役員給与等の支給に伴る社会保険料の負担増、法人税の申告等の事務的コストが生じます。

上記の通り、不動産保有会社の設立は、一長一短あります。相続対策でお悩みの方は是非、一度弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. 「定額減税」とは何ですか?
  2. 相続対策として保険が有効?
  3. クラウド会計を導入するなら?
  4. 相続対策の三本柱は…?
  5. 「自宅兼事務所の家賃・水道光熱費」は経費に計上できるのか?
  6. サブリース契約を結んだ貸家の敷地評価は…?
  7. 相続対策の王道は?
  8. 不動産管理会社の検討手順とは…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP