定額減税にあたって給与計算担当者の留意事項とは?

給与計算担当者の留意点は2点です。

【参考:定額減税の概要】

https://management-office-goto.com/%e3%80%8c%e5%ae%9a%e9%a1%8d%e6%b8%9b%e7%a8%8e%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%aa%e5%88%b6%e5%ba%a6%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f/

①同一生計配偶者・扶養親族の確認

②給与明細や源泉徴収票への減税額等記載が必要。

特に同一生計配偶者等の確認が重要となります。

※同一生計配偶者等に収入がある場合は、より一層注意が必要です。

関連記事

  1. クラウド会計を導入するなら?
  2. 「定額減税」とはどのような制度ですか?
  3. 事業用の車両を購入した時の処理は?
  4. 「給与」から「外注」に切り替えできないか?
  5. 経費なるか否かの判断基準とは?
  6. 生計を一にする息子に対する給与は、必要経費となるのか?
  7. 「青色申告」と「白色申告」の違いは何か?
  8. 個人事業主でも活用できる節税策は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP