専門家への相談のススメ

法人税や所得税、さらには消費税、相続税といった税法は、「法律」として定められています。

法律であるがゆえに解釈や適用をめぐって「見識の相違」が発生します。

最終的には、裁判所による司法判断に委ねられることになります。

税法の解釈にあたっては、税理士と顧問契約を検討するのもありですし、既に税理士と顧問契約をしている場合であってもセカンドオピニオンを利用してみるのも有用です。

弊所は、早稲田大学の補佐人講座を修了していますので、税務判断にお困りの方は是非一度ご相談下さい。

関連記事

  1. 定額減税にあたって給与計算担当者の留意事項とは?
  2. 決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?
  3. 棚卸資産の評価方法である「売価還元法」とは?
  4. 事業承継を検討し始めたら最優先に取り組むべきことは?
  5. 印紙税について最低限知っておきたい事項とは?
  6. 5月の税務関係の手続き
  7. 3つの不動産管理会社のパターンとは…?
  8. 事業用の車両を購入した時の処理は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP