数ある節税策の中でも効果的なものは?

答えは、「旅費規程」で役職ごとの「日当」を規定することです。

当該日当は、旅費交通費として損金計上できます。この日当を活用することで役職員の手取り額も増やすことができます。

※日当は通常であると認められる範囲内であれば、給与課税されないためです。

ただしこの制度を悪用することは厳禁です。中には、給与を少なくして、その分を日当でカバーすることを指南するような人も存在します。旅費規程に基づく日当の支払は、実際に出張等がある場合に限られるという点を御理解下さい。

現に出張が多いという企業であれば、積極的に活用する価値のある制度と思料します。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6459.htm

関連記事

  1. 「給与」から「外注」に切り替えできないか?
  2. 地主が不動産保有会社を設立するメリットとは…?
  3. 役員借入金のリスク
  4. 決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?
  5. 定額減税にあたって給与計算担当者の留意事項とは?
  6. 「実地棚卸」は難しい?
  7. 観光も兼ねた海外視察の渡航費は?
  8. 経費なるか否かの判断基準とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP