新規で取引する金融機関はどこに着目しているのか?

新規で金融機関と取引する場合、まず審査資料として決算書を3期分ほど要求されるのが一般的です。その際のチェックポイントは、次のようなものになります。

 ①債務超過か否か?

 ②利益は出ているのか?

 ③「預金」残高と「借入金」残高は、「売上」の何か月分あるのか?

ここで知っておいて欲しい基準があります。それは、「借入金の総額≦年間売上×50%」という基準です。これを超えると、返済が滞り始めるケースが多くあるためです。また借入金の総額が最終利益の10倍以上の場合や、税金を滞納しているといった場合にも、返済能力に疑念を抱かれやすくなります。特に新規の金融機関との取引には不利に働くと考えます。

特に税金の滞納だけは、事前に解消しておくことをお勧めします。

弊所は、経営計画の策定を通じて、資金繰り表の作成を支援しています。日々に資金繰りにお困りの事業者は、お気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 5月の税務関係の手続き
  2. 役員借入金のリスク
  3. 印紙税について最低限知っておきたい事項とは?
  4. 専門家への相談のススメ
  5. クラウド会計を導入するなら?
  6. 文書回答手続きについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP