棚卸資産の評価方法である「売価還元法」とは?

多くの小売業では、棚卸資産の評価について売価還元法を採用することが多いです。

本来、商品1つ1つに原画があり、実地棚卸を行うことで、棚卸資産を評価するのがあるべき姿です。しかし、この方法による膨大な手間を要することになり、そのための簡便法として生まれたのが売価還元法です。

【売価還元法の仕組】

売価還元法は、「期首の在庫高(原価)+期中の仕入高(原価)」と「売上高(売価)+期末在庫高(売価)」のバランスから原価率を算出し、その原価率を期末在庫高(売価)に乗ずることで、期末の棚卸資産の評価を行う方法です。

税法上は、複数の棚卸資産の評価方法が用意されています。

期末の棚卸資産の評価についてお悩みの場合は、是非一度無料相談をお試しください。

関連記事

  1. 高級外車は経費計上できるのか?
  2. 個人事業主でも活用できる節税策は?
  3. 定額減税にあたって給与計算担当者の留意事項とは?
  4. 「定額減税」とはどのような制度ですか?
  5. 現金が盗難にあった場合の処理は…?
  6. 数ある節税策の中でも効果的なものは?
  7. 経費なるか否かの判断基準とは?
  8. 決算賞与を支給すれば節税対策になるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP