業務改善は何から始めればいいのか?

答えは「観察」です。

改善を進めるには、目のまえにある職場や現場の中にあります。それは宝の山とも言えます。

まずは自分の職場を15分~1時間程度、じっくりと観察してみてください。じっくり観察することで、その中の宝の山に気付くことができるはずです。

観察する際の視点は様々あります。

例えば、なぜ・なぜ・なぜ・なぜ・なぜとしつこく問いかける「疑問の視点」や時間・方法・手順等を細かく分けて観察する「分析の視点」、人によって生産性が違うかを観察する「違いの視点」等です。

弊所は、通常の税理士事務所とは異なり、現場視察をさせていただき、その課題を経営会議で共有させていただきます。

もし顧問税理士に経営の相談をしてほしい事業者はぜひ一度ご相談下さい。

関連記事

  1. 劇的な改善をもたらす社内活性化活動とは…?
  2. どうやったら稼げるのか?という視点
  3. リピートを促す秘訣とは?
  4. ウェブマーケティングを検討する際に重要なポイントとは?
  5. 「圧倒的な人脈」を構築する3つのステップとは?
  6. 5Sを進めるにあたって…
  7. 問題点を発見したら、どう「改善」を進めればいいのか?
  8. 「緊急性」を促すためには…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP