法人を設立するにあたって「株式会社」と「合同会社」どちらが良いのか?

今回は、株式会社と合同会社の違いについて整理したいと思います。

両者は、「課税上の扱い(=法人税)」については同じですが、次の4の視点で違いがあります。

①定款認証

「株式会社」の場合、手数料として3~5万円が必要になりますが、「合同会社」では不要です。

②登録免許税

両者ともに資本金の7/1000の登録免許税が必要となりますが、最低額で違いがあります。

「株式会社」の場合、最低15万円必要なのに対して、「合同会社」の場合、最低6万円必要です。

①の定款認証と併せて検討すると、合同会社の方が設立コストは安く済むことになります。

③役員の任期

「株式会社」の場合、最長で10年間の任期なのに対して、「合同会社」ではそもそも任期がありません。

④知名度

一般的に「株式会社」は知名度が高いのに対して、「合同会社」は知名度が低いと言えます。

両者は、会社の運営や機関設計にも影響を与える重要なポイントです。法人設立をご検討の方は、是非専門家までご相談下さい。

関連記事

  1. 自己演出のポイントとは…?
  2. 法人を設立した場合の届出書書類について教えてください。
  3. 「青色申告」と「白色申告」の違いは何か?
  4. クラウド会計を導入するなら?
  5. 自社の決算書の数値は良いのか悪いのか?
  6. 「合同会社」の特徴は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP