消費税簡易課税制度選択届出書を提出しています。2年前の課税売上が5,000万円以下、当期の課税売上が5,000万円超です。当期は、原則課税、簡易課税いずれを適用すればいいでしょうか?

消費税簡易課税制度選択届出書を提出した場合、「基準期間における課税売上」が5,000万円以下である課税期間は、自動的に簡易課税制度の適用を受けます。

よってお尋ねの場合、2年前の課税売上(≒基準期間における課税売上)が5,000万円以下の要件を満たしているため、簡易課税制度を適用することになります。

※翌々期は、原則課税になります。

消費税課税事業者となる場合、原則課税と簡易課税では、納税額に大きなギャップが生じます。消費税についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 専門家への相談のススメ
  2. 「ロイヤリティ」は消費税の課税対象ですか?
  3. 道路等の使用許可に基づく「電柱使用料」を収受しているのですが、消…
  4. 「図書券を購入」した時の消費税はどうなるのか?
  5. 「郵便切手類」を購入した際の消費税の扱いについて教えてください。…
  6. インボイスで問い合わせが多い質問は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP