相続対策の三本柱は…?

相続対策の三本柱は、一般的に次のことを言います。

 ①財産分割の対策

 ②納税資金の対策

 ③相続税の対策

相続対策の計画を策定する際は、生前贈与などのタックス・プランニングがポイントになります。

さらに円滑な事業承継を行うためには、早期に事業承継計画を策定することが重要です。

※相続対策の鉄則は、次の3点です。

 ■可能な限り早くに着手こと

 ■長生きすること

 ■家族仲良くすること

相続対策にお困りの方は、是非一度弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. 不動産管理会社の検討手順とは…?
  2. 「贈与」とは何ですか?
  3. アパートを建てると土地の評価額が下がるって聞いたけど本当?
  4. 相続税精算課税のリスクとは?
  5. 「同族株主」の判定方法②は…?
  6. 「暦年課税」と「相続時精算課税」は何が違うのか?
  7. 「路線価」がない土地はどう評価すればいいのか?
  8. 不動産管理会社を活用した場合の長所と短所とは…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP