相続税精算課税のリスクとは?

相続時精算課税を適用する際は、そのリスクを認識した上で、適用する必要があります。

具体的には次にようなリスクがあります。

■相続時精算課税制度を一度選択すると、「暦年課税贈与」に戻ることができない。

■相続時精算課税を適用し、かつ基礎控除を超えた際は、「申告期限内」に申告する必要がある。

■相続時精算課税制度を適用した場合、小規模宅地等の特例は適用できない。

■将来的に相続税が発生する可能性もある。

■相続時精算課税の場合は、物納はできないこと。

■特定贈与者よりも受贈者が先に死亡した場合もありうる。

相続税精算課税制度を選択する場合、様々なリスクが潜んでいるため、慎重に検討した上で、適用することが重要です。

生前贈与等で、お悩みの方は、是非弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. 「認知症対策」には…
  2. 不動産管理会社の検討手順とは…?
  3. 土壌汚染のある場合の土地の評価はどうすればいいのか?
  4. 「同族株主」の判定方法③は…?
  5. アパートを建てると土地の評価額が下がるって聞いたけど本当?
  6. 不動産管理会社を活用する場合の「管理料」はどう設定すればいいのか…
  7. 専門家への相談のススメ
  8. 相続対策では「アパート建築」を活用するのが効果的?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP