税務調査で、最も多い指摘事項とは…?

それは「期ズレ」です。

決算前後の取引については、税務調査でも、経理資料をしっかりチェックされます。

調査側としても、一番の狙い目とも言えます。

例えば、3月決算であれば、本来3月中に提供したサービスを、入金された翌期4月の売上に計上されていないか、といったものです。

同様に翌期4月の経費なので、期末3月の経費にされていないか、と言ったものもあります。

期ズレは、最も分かりやすく、かつ指摘を受けやすい事項もでもありますので、しっかりと対策を講じることが重要です。

その意味でも「エビデンス(証票類)」をしっかりと整備しておくことが重要です。日ごろから、注意しておきたい事項と言えます。

関連記事

  1. 決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?
  2. 決算賞与を支給すれば節税対策になるのか?
  3. 「定額減税」とはどのような制度ですか?
  4. 定額減税にあたって給与計算担当者の留意事項とは?
  5. 「自宅兼事務所の家賃・水道光熱費」は経費に計上できるのか?
  6. 高級外車は経費計上できるのか?
  7. 数ある節税策の中でも効果的なものは?
  8. クラウド会計を導入するなら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP