税務調査の現場での「棚卸資産」の指摘事項とは?

棚卸資産とは、在庫のことを指します。

具体的には、売れないで残っている商品や製品、原材料が該当します。

棚卸資産は、将来的に収益となってキャッシュに変換されるので、会社の「資産」に区分されます。

すなわち、実際に棚卸資産があったにもかかわらず、決算書に計上されていなければ申告漏れを指摘されることになるのです。

この税務調査での「棚卸資産の計上漏れ」は、定番中の定番といっていいほど見かける事例です。

例えば、翌事業年度の初めに売上資料等から、在庫を逆算して指摘されるなどが考えられます。

棚卸資産の計上漏れには注意が必要です。

なお製品等の計上額の算定方法が不明という場合、適正な原価計算をしたいけど、その方法が分からないでお悩みの方がいらっしゃいます。そのような場合、是非お気軽に弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. 観光も兼ねた海外視察の渡航費は?
  2. 役員借入金のリスク
  3. クラウド会計を導入するなら?
  4. 専門家への相談のススメ
  5. 固定資産台帳を眺めてみる
  6. 機械や備品を保有することで税金は生じるのか?
  7. 経費なるか否かの判断基準とは?
  8. 決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP