組織の雰囲気を改善させる方法とは…?

Good & New」って聞いたことありますか?

最近起きた「良かったこと(Good)や新発見(New)をミーティング等で話、組織で共有し拍手をする取り組みです。

最近、交流会等のアイスブレイクタイム等で活用されることが多いテクニックです。

ですが実際のところ、全くもって効果を感じていませんでした…。

しかし、Good & Newは適切な組織で適切な方法で取り組むことで、組織の雰囲気を抜本的に改善させることが出来ます。

私が全くもって効果を感じていなかった理由は、Good & Newを使う組織が、しっかりとした組織体でなかったことと話す内容が組織とは全く関係ないことを共有していたからです。

Good & Newは例えば会社等の組織で、その中で起きた良いこと、新しいことを話すことが大前提です。

様々なバックボーンがある人が集まる交流会等で、各々の個人的な話をしても組織の改善にはつながりにくいのです。

適切な組織・方法をGood & Newをやり始めると、互いに仲間意識を持し始めます。なぜなら、このテクニックは、「単純で何もなかった一日を素晴らしい一日に変える」ものだからです。ある意味、「思考の軸」を改善させるテクニックでもあります。

会社のミーティングで、その中で起こった出来事について「Good& New」をすることで組織の改善を行うことが出来ます。

弊所はクライアントの経営会議に出席することで、利益改善のサポートをしています。組織についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. ライバルの動向を探る方法とは?
  2. 製造業で最も効果の高い原価改善方法とは…?
  3. 不動産の賃料はいくらが妥当なのか?
  4. 単価アップを実現させるためには?
  5. 生産性を高めるツールとは…?
  6. 一回で2度儲かる魅力的な商品とは?
  7. 見込客の悩み・欲求を調べる方法とは?
  8. 不良品を発生させない工夫は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP