経営危機に陥った際は?

経営危機に陥った際には、まず外部への支払を猶予してもらうことで、再生に必要な資金を確保することが必要になります。

猶予するものとしては、まず「国税・地方税」、「社会保険料」等があります。次に水道光熱費等の公共料金を猶予し、それでも資金繰りが厳しい時は、「金融機関への返済」等の猶予を依頼します。

弊所は、資金繰りの経営支援も行っています。資金繰りにお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 決算書の読み方とは?
  2. 金融機関が融資を実行できない企業とは…?
  3. 機械や備品を保有することで税金は生じるのか?
  4. 手元資金が月次売上の何か月分ありますか?
  5. 経営者のミッションとその対策とは?
  6. 自社の財務状況をチェックする際の大切なポイントは?
  7. 役員借入金のリスク
  8. 銀行が貸したくなる決算書の2つのポイントとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP