経費なるか否かの判断基準とは?

税務セミナーを開催すると結構な割合で質問される項目です。

例えば、仕事用で購入したスーツは経費になるのか?といった質問が多いです。

経費に該当するか否かのポイントは、「業務のために使われたかどうか?」です。

つまり、「業務で使ったというエビデンス」あれば経費計上が可能となります。

このエビデンスのレベルは、税務当局から何を言われても反論できる水準が必要となります。

経費該当性の説明責任は、税務当局ではなく、納税者本人が負います。

日ごろから、説明責任を用意しておくことが重要と言えます。

弊所では、税務調査を見据えた経理資料の整備も支援しています。税務調査を見据えた環境作りは早ければ早いほど良いと考えます。

税務に関してご不安な点があれば、お気軽にご連絡下さい。

関連記事

  1. 「給与」から「外注」に切り替えできないか?
  2. なぜ儲かってそうに見えるあの経営者は複数の会社を経営しているのか…
  3. 個人事業主として開業する時は…
  4. 個人事業主でも活用できる節税策は?
  5. 定額減税にあたって給与計算担当者の留意事項とは?
  6. 決算賞与を支給すれば節税対策になるのか?
  7. 「自宅兼事務所の家賃・水道光熱費」は経費に計上できるのか?
  8. 専門家への相談のススメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP