自己演出のポイントとは…?

自己演出、すなわち自分をプロデュースする際のポイントは、「掛け算」を創るという発想にあります。

すなわち、異なる2つの分野を掛け算で合わせるということです。

例えばアップル社は、デザイン性×技術で自社をプロデュースしているように見えます。

ここでの注意点ですが、「選ぶべき分野」のレベルは決してトップレベルではなくて構いません。

年末年始という時間を使って、「何と何を掛け合わせれば自分・自社を演出することができるか?」を考えてみては如何でしょうか?

弊所は、政府系投資ファンド出身の税理士という立場から利益、特に「粗利」に絞った経営支援を行っています。業績改善を図りたい、新しいビジネスモデルを構築したいと考えている事業者は、是非一度ご相談下さい。

関連記事

  1. 自社の決算書の数値は良いのか悪いのか?
  2. 決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?
  3. 最も効果的な「自己投資」とは?
  4. 情報発信をする意味とは…?
  5. 「青色申告」と「白色申告」の違いは何か?
  6. CPOとは何か?
  7. 組織の雰囲気を改善させる方法とは…?
  8. 手帳をPDCAに活かすためには…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP