融資を受ける時の大原則は…?

融資を受ける際に大原則があります。

それは、「可能な限り長期で借りる」というものです。

基本的な戦略として、長期の運転資金を確保し、常に月次売上の3か月分程度の資金を確保することを目指します。

資金調達でお困りの方は、是非お気軽に弊所までお問合せ下さい。

関連記事

  1. クラウド会計を導入するなら?
  2. プロパー融資とは…?
  3. 金融機関を活用した資金調達成功の秘訣とは…?
  4. 決算書の読み方とは?
  5. 銀行が貸したくなる決算書の2つのポイントとは?
  6. 経営者のミッションとその対策とは?
  7. 手元資金が月次売上の何か月分ありますか?
  8. 金融機関が融資を実行できない企業とは…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP