銀行が貸したくなる決算書の2つのポイントとは?

銀行は融資する際、格付けを行います。その際、決算書を様々な視点から分析することになりますが、その中で、銀行が貸したくなるような決算書は次のような特徴があります、

①営業利益を高い決算書

 (対策)

 ■販管費の中に、特別損失に計上できるような項目があれば、特別損失に計上する

 ■売上で計上できる項目が雑収入(営業外収益)に計上されている場合は、売上に含めて計上する

②自己資本比率が高い決算書

 (対策)

 ■剰余金を増やす

 ■ムダな資産を減らす(=リストラ)

弊所は、経営計画策定を通じた資金調達支援も行っています。

創業融資の他、資金繰りでお困りの方はぜひ一度、無料相談をお試しください。

関連記事

  1. 決算書の読み方とは?
  2. 自社の財務状況をチェックする際の大切なポイントは?
  3. クラウド会計を導入するなら?
  4. 機械や備品を保有することで税金は生じるのか?
  5. 会社の命をつなぐものは?
  6. プロパー融資とは…?
  7. 役員借入金のリスク
  8. 金融機関が融資を実行できない企業とは…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP