PDCAを回すための強力なツールとは(個人編)?

PDCAを個人で回すための強力なツール、それは「手帳」です。

一般的に手帳は、「時間管理」に使われていますが、さらに長期的な視点から目標を実現させるための「時間デザイン」に活用するのがポイントです。

また行動を「年次➡月次➡日時」に落とし込んでいくことが基本です。

さらに毎日手帳を眺めることで、過去を振り返った上で、次回に反省点を活かすことが重要となります。

生産性を効率する上では、ムダ・ムラ・無理といった「ダラリ」を排除することが大切です。ダラリを排除することで、業績も向上するはずです。

是非、この機会に手帳の活用方法を見直してみましょう。

関連記事

  1. 補助金を上手に獲得するコツについて教えてください。
  2. 製造業で最も効果の高い原価改善方法とは…?
  3. DXとは何か?
  4. 「マニュアル」はありますか?
  5. 自工程完結~品質は工程で作り込む~
  6. 事業が上手くいかない原因とは…?
  7. 不動産の賃料はいくらが妥当なのか?
  8. ユニクロが「値ごろ感」のある商品を提供できる秘訣とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP