「マニュアル」はありますか?

日本では「マニュアル」と聞くと、少し否定的な印象を抱くことがあると思います。

例えばマニュアル人間というと言われたこと・決められたことしてできないというイメージがあります。

しかし、マニュアル作成の効果は絶大であり、もっといえば、「マニュアルをつくったところでやっと仕事が始まる」と言ってもいい位です。

弊所ではクライアントの人材育成のツールとして「マニュアル作り」を推奨しています。

まずはマニュアルを作れるレベルのビジネスパーソンになることをとりあえずの目標にしてもらうのです。

その上で、業務の標準化を構築していきます。

マニュアルを作成する上で重要なのは、むしろ「作成プロセス」にあります。全役職員で問題点を洗い出し、かつそれを共通の認識とした上で、改善していく。

そしてマニュアルは一度作成して終わりではありません。PDSサイクル(plan➡do➡see)を回すことで常に改善を図っていきます。

弊所ではマニュアル等の作成も支援しています。業務標準化でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

関連記事

  1. 少しでも高単価で売るために…(製造業編)
  2. 売上の3要素とは…?
  3. 手帳をPDCAに活かすためには…?
  4. 情報発信をする意味とは…?
  5. 「単純作業」を「仕事」に変える方法とは…?
  6. 決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?
  7. 5Sを進めるにあたって…
  8. 補助金を上手に獲得するコツについて教えてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP