決算書にある「売上総利益」とはなんでしょうか?

売上総利益は、売上から売上原価を差し引いたもので、「粗利」と呼ぶ場合もあります。

【算式】

売上▲売上原価=売上総利益(≒粗利)

「売上原価」は、売上に対応する原価であり、「売上総利益」は、売上に対応する利益を意味し、商品・サービスの儲けを表します。

企業の売上に対して売上総利益が示す割合は、「売上総利益率(≒粗利率)」と呼び、価格設定や商品構造を決める上で重要な要素となります。

正確な売上総利益率(≒粗利率)を把握しておき、逆算した売上計画を立てることが、企業経営の羅針盤になります。

まずは自社の売上総利益率(≒粗利率)を確認し、同業他社や業界平均と比較してみるのも有用です。

弊所では、税務顧問以外にも粗利改善支援に力を入れています。業績を改善したいけど、どこから手をつければいいか分からないといったお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

関連記事

  1. 「自宅兼事務所の家賃・水道光熱費」は経費に計上できるのか?
  2. ライバルの動向を探る方法とは?
  3. 集客でお悩みの方は…
  4. 経費なるか否かの判断基準とは?
  5. 運気をアップさせるには?
  6. 売上の3要素とは…?
  7. 専門家への相談のススメ
  8. 個人事業主として開業する時は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP